つながるグリーフケアセミナー
〜保険医療機関から地域までのグリーフケアを考える〜



このサイトやSIDSの会の会報でミーティングというものをやっているのを知り、

興味はもったけれど具体的に何をしているのか・・・?

よくわからなくて参加に踏み切れない方もいらっしゃるかと思い、

近畿支部のミーティングの流れについて説明したいと思います。



1:受付

会場に到着されたらまず受付を済ませていただきます。

お名前、ご住所等をご記入いただいて、名札をつけていただいて、

そのままお席にかけていただいて開会を待っていただきます。

開始10分前くらいから来られる方が多いようですが、

遅れてもかまいませんし、仮に早く到着されても

ビフレンダーは早めにきていますので大丈夫です。

ご都合にあわせて気軽にお越しくださいね。



2:開会

当日担当のビフレンダーの挨拶で会をはじめます。



3:自己紹介

ビフレンダーから順に、自己紹介をします。

そのあと、当日参加していただいた皆様にも、

一人ずつ自己紹介をしていただきます。

ご自身のこと、お子様のこと、亡くなられた経緯、現在の状況など・・・

たくさん話して下さっても結構ですし、

辛くて泣けてしまって話せないときなどはもちろんそれも結構です。

自分のこと話す時間、皆さんのお話を聞く時間、たくさんの想いのつのる時間です。



4:休憩

15分程度休憩をはさみます。

自己紹介の間、知らぬ間に肩に力が入っていますので

ここでリラックスしてください。



5:グループミーティング

時間終了までいくつかのグループに分かれて自由に話をします。

人数にもよりますが2〜3のグループに分かれることが多いです。

(もちろん参加人数の少ないときは無理に分けることはしません)

お子さんの亡くなられた時期や、原因などで分けることもあれば、

単に座っていた場所で分けることもあります。

途中で別グループへの移動もできます。


グループミーティングも、グループごとにひとつの話をしていることもあれば、

さらに中で2、3人ずつで話していることもあります。

ビフレンダーが話を振っていくこともあれば、参加者の方から活発に

発言が出て、それが次々膨らんでいくこともあります。

毎回そのときの自然な流れを大事にしています。

はじめは気後れするかもしれませんが、何時の間にか夢中で話していたりします。

ただ、今日はどうしても大勢と話す気分ではない、あるいは特定のビフレンダーと

話したいことがある、などのときは無理にグループに入る必要はありません。

ビフレンダーが個別にお話を聞かせていただきます。



6:閉会

グループミーティングにも慣れ、話が盛り上がってきたころに、

申し訳ないのですが時間切れで閉会となります。

当日参加していただいた方には感想を書いていただき、お開きとなります。




大体、以上のような流れで近畿支部のミーティングは行われています。

けして堅苦しいものではありませんし、無理に話す必要もありません。

逆に話したい方は、たくさん話して帰っていただければと思います。

私自身、亡くした子のことを誰憚ることなく話せ、泣ける、貴重な場所だと思っています。

今までミーティングの内容がわからず躊躇してらした方、

よろしかったら参加してみてくださいね。



*元のページに戻るときはウインドウを閉じてください